eTilTran

eTilTran V0.12β-10

eTilTran V0.12β-10

えちるとらん = コミック傾き補正ビューア + 小説画像再配置ツール - 再配置

■何をするもの?
コミックと小説の傾きを計測して、補正を適用した画像を表示します。
このとき補正データは表形式で管理し、簡単な操作で編集できますので、
傾き補正に失敗したページなどは、手操作で修正が可能です。

■変更のポイント
領域処理モードを「画面全体」に設定しているときに、代理解像度プレビューを有効にすると、画像が縮小されて表示される不具合を修正しました。

■履歴
β12-10 2009/10/14
・領域処理モードを「画面全体」に設定しているときに、代理解像度プレビューを有効にすると、画像が縮小されて表示される不具合を修正しました。

 「eTilTran012b10.zip」をダウンロード

| | コメント (8)

eTilTran V0.12β-9

eTilTran V0.12β-9

えちるとらん = コミック傾き補正ビューア + 小説画像再配置ツール - 再配置

■何をするもの?
コミックと小説の傾きを計測して、補正を適用した画像を表示します。
このとき補正データは表形式で管理し、簡単な操作で編集できますので、
傾き補正に失敗したページなどは、手操作で修正が可能です。

■変更のポイント
リスト項目の複数選択に対応しました。
代理解像度を使用したときの不具合の修正と、代理解像度画像のキャッシュを追加しました。

■履歴
β12-9 2009/10/13
・代理解像度プレビューを「あり」にした場合は、tmpProxyImageフォルダ下にキャッシュを作成し、プレビュー表示を高速化しました。
 ※キャッシュは再スキャン時と終了時に自動削除されます。
・代理解像度プレビューをオンにしたときにファイル単位で再スキャンすると、画像が縮小されて表示される不具合を修正しました。
・スキャン時の上下左右の余白を、奇数ページ/偶数ページで個別設定できるようにしました。
・マスキングが「縦書き」のみに適用されるようにしました。属性関係なく適用したい場合はオプションの「縦書きのみマスキング」を「なし」にしてください。
・ファイルリストのヘッダをクリックして、リストのソート順を変更できるようにしました。
・リストを複数選択できるようにしました。右クリックして、一括削除や一括再スキャンなどができます。
 ※但し、画面右側の角度や位置設定、ヒストグラムなどは、プレビュー表示されている画像にしか反映されませんので注意して下さい。

 「eTilTran012b9.zip」をダウンロード

| | コメント (0)

eTilTran V0.12β-8

eTilTran V0.12β-7

えちるとらん = コミック傾き補正ビューア + 小説画像再配置ツール - 再配置

■何をするもの?
コミックと小説の傾きを計測して、補正を適用した画像を表示します。
このとき補正データは表形式で管理し、簡単な操作で編集できますので、
傾き補正に失敗したページなどは、手操作で修正が可能です。

■変更のポイント
メイン画面でマスキングがチェックされていないと、出力時にマスキングをチェックしても機能が効かない不具合を修正しました。

■履歴
β12-8 2009/09/04
・Kindle対応のコーナー色が正常に保存されない不具合を修正しました。
・default.ini読み込み時に色設定やウィンドウ位置が再現されない不具合を修正しました。
・メイン画面でマスキングがチェックされていないと、出力時にマスキングをチェックしても機能が効かない不具合を修正しました。

 「eTilTran012b8.zip」をダウンロード

| | コメント (1)

eTilTran V0.12β-7

eTilTran V0.12β-7

えちるとらん = コミック傾き補正ビューア + 小説画像再配置ツール - 再配置

■何をするもの?
コミックと小説の傾きを計測して、補正を適用した画像を表示します。
このとき補正データは表形式で管理し、簡単な操作で編集できますので、
傾き補正に失敗したページなどは、手操作で修正が可能です。

■変更のポイント
Kindleの余白自動削除キャンセルを出力時にオン/オフできるようにしました。

■履歴
β12-7 2009/09/03
・Kindleの余白自動削除キャンセルを出力時にオン/オフできるようにしました。
・領域設定にある基準領域のサイズ設定が奇数/偶数逆になっていたのを修正しました。

 「eTilTran012b7.zip」をダウンロード

| | コメント (1)

eTilTran V0.12β-6

eTilTran V0.12β-6

えちるとらん = コミック傾き補正ビューア + 小説画像再配置ツール - 再配置

■何をするもの?
コミックと小説の傾きを計測して、補正を適用した画像を表示します。
このとき補正データは表形式で管理し、簡単な操作で編集できますので、
傾き補正に失敗したページなどは、手操作で修正が可能です。

■変更のポイント
・Kindleの余白自動削除キャンセルはPDFのときだけ効くようにしました。
・マスキングを出力オプションに適用するのを忘れていたので修正しました。

■履歴
β12-6 2009/09/02
・Kindleの余白自動削除キャンセルはPDFのときだけ効くようにしました。
・マスキングを出力オプションに適用するのを忘れていたので修正しました。

 「eTilTran012b6.zip」をダウンロード

| | コメント (0)

eTilTran V0.12β-5

eTilTran V0.12β-5

えちるとらん = コミック傾き補正ビューア + 小説画像再配置ツール - 再配置

■何をするもの?
コミックと小説の傾きを計測して、補正を適用した画像を表示します。
このとき補正データは表形式で管理し、簡単な操作で編集できますので、
傾き補正に失敗したページなどは、手操作で修正が可能です。

■変更のポイント
基準領域のサイズ変更と、マスキング機能をつけました。

■履歴
β12-5 2009/09/01
・基準領域のサイズを数値変更する機能を追加しました。領域設定ボタンを押した画面にあります。
・マスキングをオンにすると、基準領域を元にマスク処理するようにしました。
・Kindleの余白自動削除をキャンセルするため、四隅にピクセルを配置する機能を追加しました。オプション画面で「Kindle対応」を「あり」にしてください。

 「eTilTran012b5.zip」をダウンロード

| | コメント (0)

eTilTran V0.12β-4

eTilTran V0.12β-4

えちるとらん = コミック傾き補正ビューア + 小説画像再配置ツール - 再配置

■何をするもの?
コミックと小説の傾きを計測して、補正を適用した画像を表示します。
このとき補正データは表形式で管理し、簡単な操作で編集できますので、
傾き補正に失敗したページなどは、手操作で修正が可能です。

■変更のポイント
レベル調整の計算が間違っていたのを修正しました。

■履歴
β12-4 2009/04/20
・ヒストグラムのレベル調整計算が間違っていたのを修正しました。

 「eTilTran012b4.zip」をダウンロード

| | コメント (4)

eTilTran V0.12β-3

eTilTran V0.12β-3

えちるとらん = コミック傾き補正ビューア + 小説画像再配置ツール - 再配置

■何をするもの?
コミックと小説の傾きを計測して、補正を適用した画像を表示します。
このとき補正データは表形式で管理し、簡単な操作で編集できますので、
傾き補正に失敗したページなどは、手操作で修正が可能です。

■変更のポイント
圧縮ファイルを画面上にドラック&ドロップで指定できるようにしました。

■履歴
β12-3 2009/03/10
・圧縮ファイルのドラッグ&ドロップに対応しました。

 「eTilTran012b3.zip」をダウンロード

| | コメント (3)

eTilTran V0.12β-2

eTilTran V0.12β-2

えちるとらん = コミック傾き補正ビューア + 小説画像再配置ツール - 再配置

■何をするもの?
コミックと小説の傾きを計測して、補正を適用した画像を表示します。
このとき補正データは表形式で管理し、簡単な操作で編集できますので、
傾き補正に失敗したページなどは、手操作で修正が可能です。

■変更のポイント
コミックの傾き補正の上限値の解釈を変えたため、枠線とは関係ない角度情報が入り易くなったようなので、処理を変えてみました。

■履歴
β12-2 2009/03/01
・コミックの枠線検出で、傾き補正上限の2倍の角度までを候補として取得して、
その平均をページ全体の傾き角度とするように変更しました。

「eTilTran012b2.zip」をダウンロード

| | コメント (1)

eTilTran V0.12β

eTilTran V0.12β

えちるとらん = コミック傾き補正ビューア + 小説画像再配置ツール - 再配置

■何をするもの?
コミックと小説の傾きを計測して、補正を適用した画像を表示します。
このとき補正データは表形式で管理し、簡単な操作で編集できますので、
傾き補正に失敗したページなどは、手操作で修正が可能です。

■変更のポイント
久々ですが、マイナーアップデートです。
傾き補正するときに、上限値でリミッターをかけるようにしました。

■履歴
β12 2009/02/25
・角度上限を超えたときに傾き補正をキャンセルするのではなく、上限値で補正するようにしました。
・スキャン時の入力設定ダイアログの「本の種類」と「ノンブル」が無視される不具合を修正しました。

「eTilTran012b.zip」をダウンロード

| | コメント (0)

より以前の記事一覧