« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

ISBN Titler v0.10

ISBN Titler V0.10

■何をするもの?

入力したISBNから著者とタイトルを取得して、ファイル名に反映するツールです。
ISBNから著者とタイトルを得られるのでキー入力の煩わしさを軽減できます。
なお、ISBNの検索にはAmazon.co.jpサイトを使用しています。
あまり使い道はありませんが、JANコードやASINを指定して書籍以外のものを検索することも可能です。

(1)ファイル名をあらかじめISBNにしておくと、ドラッグ&ドロップでファイルを自動リネームできます。
PDFをドロップした場合は、PDFのプロパティもオプションで自動設定できます(但し、iTextSharp.dllが必要です)。

(2)ZBarがインストールしてあれば、ドロップしたファイルのページ画像から直接バーコードを取得してリネームすることもできます。

「IsbnTitler10b.zip」をダウンロード

■修正のポイント

ZBarがインストールされていれば、ページ画像から直接バーコードを取得できるようになりました。
但し、圧縮ファイルから取得する場合は解凍DLLが、PDFから取得する場合はiTextSharpが必要です。

■ランタイムについて

動作には Microsoft .NET framework 2.0 が必須です。
※最近のWindowsは最初から.NET framework 2.0がインストール済みのはずなので、なくても動作すると思います。

■iTextSharpについて(※PDFプロパティの反映を行いたい場合、バーコード画像をPDFページから取得したい場合)

ファイルがPDFのとき、PDFプロパティにも著者とタイトルの反映を行いたい場合はiTextSharpが必要です。
またZBarでバーコード判定する場合にPDFページの取得にもiTextSharpが必要です。

以下のサイトからDLすることができますので、解凍したiTextSharp.dllをISBN Titlerを解凍したフォルダに置いて下さい。

http://sourceforge.jp/projects/sfnet_itextsharp/

■圧縮ファイルからのページ画像取得について

圧縮ファイル中のページ画像からZBarを使用してバーコードを取得する場合は、統合アーカイバDLLが必要です。
必要なDLLは、UNLHA32.DLL、UNZIP32.DLL、7-ZIP32.DLL、UNRAR32.DLLです。
配布先は以下のサイトにあります。

http://www.csdinc.co.jp/archiver/

■履歴

0.10 2011/09/28
・ファイル中のページ画像から直接バーコードを判定して検索できるようにしました。
※ZBarのインストールと、設定画面で「ファイル中のページ画像からバーコード判定」の選択が必要です。
※PDFのページ画像からバーコード判定したい場合はiTextSharpが必要です。圧縮ファイルからの取得は解凍DLLが必要です。
・検索結果をクリップボードにコピーする機能を追加しました。

| | コメント (1)

ISBN Titler v0.09

ISBN Titler V0.9

■何をするもの?

入力したISBNから著者とタイトルを取得してファイル名に反映するツールです。
ISBNから著者とタイトルを得られるのでキー入力の煩わしさを軽減できます。

ファイル名をあらかじめISBNにしておくと、ドラッグ&ドロップでファイルを自動リネームできます。
PDFをドロップした場合は、PDFのプロパティも自動設定します(但し、iTextSharp.dllが必要です)。

市販のバーコードリーダーを併用すればISBNのキー入力も不要なので、さらにリネーム作業が楽になるでしょう。

あまり使い道はありませんが、JANコードやASINを指定して書籍以外のものを検索することも可能です。
なお、検索にはAmazon.co.jpサイトを使用しています。

「IsbnTitler09b.zip」をダウンロード

■修正のポイント

バーコードリーダーで一冊ずつ処理する人向けの機能が追加されました。
2行バーコード読み(ISBN+Cコード)に対応しました。

■ランタイムについて

動作には Microsoft .NET framework 2.0 が必須です。
※最近のWindowsは最初から.NET framework 2.0がインストール済みのはずなので、なくても動作すると思います。

■履歴

0.09 2011/09/22
・画面にドロップしたファイルを、ISBNとして検索するか、画面入力内容をドロップしたファイルに反映するだけなのか、設定できるようにしました。
 ※バーコードリーダーをISBN Titlerに対して使用して検索を行い、ファイルをドロップしてリネームするといった操作ができます。
・検索ワードとして2行指定できるようにしました。バーコードリーダーでISBNとCコードを同時に入力できます。
・コマンドプロンプト機能を追加しました。
・iTextSharpのitextsharp-dll-core-5.1.2で動作することを確認しました。
・詳細設定を取得するようにすると、まれにクッキーのアクセスに失敗するようなので、失敗したときは無視するようにしました。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »