« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

ChainLP V0.39-9

ChainLP v0.39-9

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、PDF仮想プリンタまたはiTextSharpを使用して、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP39b9.zip」をダウンロード

■変更のポイント

PDF直接出力でも目次が出力されるようになりました。
また、青空バッチを使うと、複数の青空文庫ファイルを一つのファイルにまとめて出力できるようになりました。

■ランタイムについて

実行するためには、Microsoft.NET framework 4.0というランタイム・ライブラリが
前もってインストールされている必要があります。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9cfb2d51-5ff4-4491-b0e5-b386f32c0992&displaylang=ja

■使用上の注意
ePubを作成するために、zip32j.dll+zip32.dllを使用しています。
統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ からダウンロードして下さい。
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/zip32j.html

※64bit-OSの場合は、dllのコピー先はC:\System\System32ではなく、
C:\System\SysWOW64になりますので、注意して下さい。
分からない場合はChianLPを解凍したフォルダに置いて下さい。

■PDF直接出力(フォント埋め込みPDF)について

PDF直接出力に対応するため、iTextSharpライブラリを使用させて頂きました。
以下のサイトからDLして、iTextSharp.dllをChainLPを解凍したフォルダに置いて下さい。
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_itextsharp/

※このバージョンで使用しているのはitextsharp-5.0.5-dll.zipです。バージョンはなるべく合わせて下さい。動作しない場合があります。

■履歴

0.39-9 2011/01/29
・青空テキストの自動エンコーディングを指定しているとき、エンコーディングが判別できない場合はSHIFT-JISを仮定するようにしました。
・「<>削除」と「<img>使用」が逆になっていたのを修正しました。
・青空文庫でPDF直接出力を設定しているときに、挿絵に対してページ補正や縦横比チェックのプレビューが効いてしまう不具合を修正しました。
・PDF直接出力のとき、挿絵のみガンマ補正とシャープネスが効くようにしました。
・BatchLPにて1ファイル処理する度に実行ログを消去していましたが、消去せずに連続して表示するようにしました。
・目次設定に「次の目次」と「前の目次」ボタンを追加しました。
・PDF直接出力に目次が反映されるようにしました。
・青空バッチにて複数の青空文庫ファイルを一つのファイルとして結合出力できるようにしました。

| | コメント (4)

ChainLP V0.39-8

ChainLP v0.39-8

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、PDF仮想プリンタまたはiTextSharpを使用して、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP39b8.zip」をダウンロード

■変更のポイント

日本ペンクラブ電子文藝館(http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/)の読み込みを実験的に行ってみました。
読みたい作品のリンクをWebブラウザからChainLPにドラッグ&ドロップすると自動的に変換します。

■ランタイムについて

実行するためには、Microsoft.NET framework 4.0というランタイム・ライブラリが
前もってインストールされている必要があります。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9cfb2d51-5ff4-4491-b0e5-b386f32c0992&displaylang=ja

■使用上の注意
ePubを作成するために、zip32j.dll+zip32.dllを使用しています。
統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ からダウンロードして下さい。
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/zip32j.html

※64bit-OSの場合は、dllのコピー先はC:\System\System32ではなく、
C:\System\SysWOW64になりますので、注意して下さい。
分からない場合はChianLPを解凍したフォルダに置いて下さい。

■PDF直接出力(フォント埋め込みPDF)について

PDF直接出力に対応するため、iTextSharpライブラリを使用させて頂きました。
以下のサイトからDLして、iTextSharp.dllをChainLPを解凍したフォルダに置いて下さい。
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_itextsharp/

※このバージョンで使用しているのはitextsharp-5.0.5-dll.zipです。バージョンはなるべく合わせて下さい。動作しない場合があります。

■履歴

0.39-8 2011/01/25
・青空文庫の左余白が効かなくなっていたので修正しました。
・「歌記号」が表示されなくなっていたので修正しました。
・「定本:」の直前で改ページするようにしました。
・「×」が半角として判定されてしまう不具合を修正しました。
・音引き「──」の二文字目が行末に来たとき、次行の先頭に空白1文字が発生する不具合を修正しました。
・青空文庫のプレビュー時に、PDF印刷やPDF直接出力が選択されている場合、使用できないオプションはプレビューとして適用されないようにしました。
・BatchLPから出力するとサムネイルが設定されない不具合を修正しました。
・画像設定のトリミングと余白の選択方法を、タブからラジオボタンに変更しました。
・メイン画面で縦固定・横固定を選択したときのサイズ設定が逆だったのを修正しました。
・環境により支障があるので、多重化カウントのデフォルト値を1に変更しました。
 ※この値は指定した数だけ同時にページを処理する意味ですが、むやみに大きくするとエラーが発生することがあります。様子を見ながら値を設定して下さい。
・BachLPのリストを選択したあと右クリックするとポップアップメニューが表示され、Removeを選択するとバッチを削除できるようにしました。
・日本ペンクラブ電子文藝館(http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/)の読み込みを実験的に行ってみました。読みたい作品のリンクをWebブラウザからChainLPにドラッグ&ドロップすると自動的に変換します。
 ※文中の()の中が仮名である場合はルビに変換し、整形テキストの場合は行を繋げます。但し、電子文藝館のHTML表記の揺れが大きいのと、HTML解析を端折ったため、正常に変換できない作品もあります。

| | コメント (3)

ChainLP V0.39-7

ChainLP v0.39-7

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、PDF仮想プリンタまたはiTextSharpを使用して、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

「ChainLP39b7.zip」をダウンロード

■変更のポイント

青空文庫サイトのWeb書式変更に伴う修正。行末ルビ配置の修正。強制的な半分個の追加など。

■ランタイムについて

実行するためには、Microsoft.NET framework 4.0というランタイム・ライブラリが
前もってインストールされている必要があります。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9cfb2d51-5ff4-4491-b0e5-b386f32c0992&displaylang=ja

■使用上の注意
ePubを作成するために、zip32j.dll+zip32.dllを使用しています。
統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ からダウンロードして下さい。
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/zip32j.html

※64bit-OSの場合は、dllのコピー先はC:\System\System32ではなく、
C:\System\SysWOW64になりますので、注意して下さい。
分からない場合はChianLPを解凍したフォルダに置いて下さい。

■PDF直接出力について

PDF直接出力に対応するため、iTextSharpライブラリを使用させて頂きました。
以下のサイトからDLして、iTextSharp.dllをChainLPを解凍したフォルダに置いて下さい。
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_itextsharp/

※このバージョンで使用しているのはitextsharp-5.0.5-dll.zipです。バージョンはなるべく合わせて下さい。動作しない場合があります。

■履歴

0.39-7 2011/01/11
・青空文庫サイトのWeb書式変更に伴って、青空ダウンローダや青空バッチに新着が表示できなくなったので対応しました。
・同じく「仮名遣い」が「文字遣い」に変更されたため対応しました。
・メイン画面のタイトルと著者を編集しても青空文庫のヘッダ表示に反映されない不具合を修正しました。
・青キン明朝を使用しているときに横組みを指定すると長音記号「ー」が横倒しにならない不具合を修正しました。
・ルビが振られた文字が行末に発生するとき、余白が確保されている場合はなるべく改行せずに行末へ配置されるように工夫しました。
・青空テキスト設定1のレイアウト設定に「<>タグ削除」を追加しました。チェックするとHTMLタグを削除します。
・「オパールの髪飾り《ティアラ》」のように区切り「|」が無い場合は「り」にルビが振られてしまうので、漢字→仮名の場合は区切り判定せずに処理するようにしました。
・縦横比チェックに「半分個 上下」などを追加しました。縦横比に関係なく、半分個を強制的に適用できます。
・PDFページ補正率に1.000を指定した場合は、0.999に強制設定されるようにしました。

| | コメント (6)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »