« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

ChainLP V0.38-6

ChainLP v0.38-6

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP38b6.zip」をダウンロード

■変更のポイント

画像ではなくテキスト形式でのePubとMobi出力に対応しました。
Kindleコレクション編集でコレクションの一括登録ができるようになりました。
コミックのページ補正で、ノンブルを除去できるようになりました。

■ランタイムについて

実行するためには、Microsoft.NET framework 4.0というランタイム・ライブラリが
前もってインストールされている必要があります。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9cfb2d51-5ff4-4491-b0e5-b386f32c0992&displaylang=ja

■使用上の注意
ePubを作成するために、zip32j.dll+zip32.dllを使用しています。
統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ からダウンロードして下さい。
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/zip32j.html

※64bit-OSの場合は、dllのコピー先はC:\System\System32ではなく、
C:\System\SysWOW64になりますので、注意して下さい。
分からない場合はChianLPを解凍したフォルダに置いて下さい。

■履歴

0.38-6 2010/09/30
・Text2ePubの機能を取り込み、青空文庫を画像ではなくテキスト形式のePubやMobiで出力する機能を追加しました。
 青空テキストを読み込むと、プレビューに「画像」と「テキスト」のタブが表示され、どちらを選択するかで画像形式かテキスト形式かを選択できます。
 BatchLPには画像かテキストかを選択するボタンが追加されます。
・ツールメニューに「青空バッチ」を追加しました。これは同時に複数の青空文庫テキストをバッチに送り込むツールです。
・Kindleコレクション編集で、サブフォルダも「フォルダごと登録」の対象としました。ファイルがあるサブフォルダ名がコレクションとして登録されます。
 あらかじめフォルダでファイルを分類しておけば、documentsを選択して「フォルダごと登録」することで一括してコレクションの登録が行えます。
・コミックのページ補正のとき、ページ上部のヘッダとページ下部のノンブルを除去するようにしました。
 ヘッダと見なす条件は、ページ上部の縦サイズ5%の領域に、幅が横サイズ50%以内のドットの集まりがある場合です。
 ノンブルと見なす条件は、ページ下部の縦サイズ5%の領域に、幅が横サイズ5%以内のドットの集まりがある場合です。
・青空文庫の挿絵の解像度が低い場合、出力解像度に基づいて2倍以上拡大されないようにページ内挿絵の対象とします。但し、ページ内挿絵を無効にしている場合は従来通りです。
・テキストの先頭に挿絵タグがある場合に、挿絵が正しく配置されるように修正しました。
 但し、そのようなテキストは青空文庫の書式から外れるので、タイトルと著者の抽出や、解説文削除が正しく機能しない場合があります。
・環境によってZIP出力でエラーが発生する不具合を修正してみたつもりです。まだエラーが出るようなら、マルチコア対応のチェックを外して見て下さい。

| | コメント (2)

ChainLP V0.38-5

ChainLP v0.38-5

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP38b5.zip」をダウンロード

■変更のポイント

Kindleコレクション編集でコレクションの追加やファイルの登録ができるようになりました。
Kindleの.manga形式の連番ファイル出力に対応しました。

■ランタイムについて

実行するためには、Microsoft.NET framework 4.0というランタイム・ライブラリが
前もってインストールされている必要があります。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9cfb2d51-5ff4-4491-b0e5-b386f32c0992&displaylang=ja

■使用上の注意
ePubを作成するために、zip32j.dll+zip32.dllを使用しています。
統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ からダウンロードして下さい。
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/zip32j.html

※64bit-OSの場合は、dllのコピー先はC:\System\System32ではなく、
C:\System\SysWOW64になりますので、注意して下さい。
分からない場合はChianLPを解凍したフォルダに置いて下さい。

■履歴

0.38-5 2010/09/25
・Kindleコレクション編集を高機能化して、コレクションの追加やコレクションへのファイル登録が可能になりました。
 ※コレクションにはファイルリストからドラッグ&ドロップで登録できます。既にフォルダで分類している場合は、フォルダごと登録できます。
・Kindleの.manga形式の連番ファイル出力に対応しました。フォルダを自動生成して.mangaと.manga_saveを作成します。
 ※「詳細設定-ファイル出力設定-連番ファイル-Kindle.manga」をチェックして下さい。
 Kindleに"pictures"の名前でフォルダを作成して、その中へ生成された連番ファイルをフォルダごとコピーして下さい。
・ファイルページリストの右クリックメニューにページを前後に移動する機能を追加しました。
・青空文庫の挿絵が数ページずれて配置される不具合を修正しました。
・挿絵のファイル名にスペースが含まれていると、画像が読み込まれない不具合を修正しました。
・傍点、傍線、斜体について、始まりと終わりを指定するタイプのタグに対応しました。
・地上げタグのとき、ルビの位置がずれる不具合を修正しました。
・「天より」の語句が省略されている字下げタグに対応しました。
・罫囲みタグに対応してみました。結構むりやりな実装なので、途中に空行があると囲みが途切れます。
・青キン明朝には縦書き属性がないので、フォントとして設定されている場合でも読めるように自動補正を追加しました。
 括弧などは回転、促音や小書き、「、」「。」などは位置補正、長音「ー」は「丨」に置き換えています。
 ※どちらかといえば、DFパブリ等のフリーフォントの使用を推奨します。

| | コメント (8)

ChainLP V0.38-4

ChainLP v0.38-4

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP38b4.zip」をダウンロード

■変更のポイント

青空文庫形式のテキストファイルを指定した場合に、挿絵が表示されない不具合を修正しました。

■ランタイムについて

実行するためには、Microsoft.NET framework 4.0というランタイム・ライブラリが
前もってインストールされている必要があります。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9cfb2d51-5ff4-4491-b0e5-b386f32c0992&displaylang=ja

■使用上の注意
ePubを作成するために、zip32j.dll+zip32.dllを使用しています。
統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ からダウンロードして下さい。
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/zip32j.html

※64bit-OSの場合は、dllのコピー先はC:\System\System32ではなく、
C:\System\SysWOW64になりますので、注意して下さい。
分からない場合はChianLPを解凍したフォルダに置いて下さい。

■履歴

0.38-4 2010/09/19
・青空文庫形式のテキストファイルを指定した場合に、挿絵が表示されない不具合を修正しました。
・傍線と傍点がページをまたがっても表示されるようにしました。
・#[「○○」は太字]といったタグ以外に、#[太字]○○#[太字終わり]といったタグに対応するようにしました。
・ゴシック体タグは太字で代用するようにしました。

| | コメント (4)

ChainLP V0.38-3

ChainLP v0.38-3

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP38b3.zip」をダウンロード

■変更のポイント

Kindleのコレクション名を日本語で編集する機能を追加しました。

■ランタイムについて

実行するためには、Microsoft.NET framework 4.0というランタイム・ライブラリが
前もってインストールされている必要があります。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9cfb2d51-5ff4-4491-b0e5-b386f32c0992&displaylang=ja

■使用上の注意
ePubを作成するために、zip32j.dll+zip32.dllを使用しています。
統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ からダウンロードして下さい。
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/zip32j.html

※64bit-OSの場合は、dllのコピー先はC:\System\System32ではなく、
C:\System\SysWOW64になりますので、注意して下さい。
分からない場合はChianLPを解凍したフォルダに置いて下さい。

■履歴

0.38-3 2010/09/17
・青空文庫の挿絵タグに「、」区切りでサイズ情報などが入ってる場合、これを無視するように修正しました。
・小見出し、中見出し、大見出しのタグが設定されている場合は、それぞれ文字サイズを1段階ずつ大きくしました。
 但し、範囲指定の見出しや、窓見出し、同行見出しなどは対応していません。
・英字にルビが振られている場合、途中の半角スペースなどをルビ区切りとしては無視するようにしました。
・圧縮ファイルのパス区切り記号が"\"でなく"/"の場合の対応を追加しました。
・Kindleのコレクション名を日本語で編集する機能を追加しました。ツールメニューの「Kindleコレクション編集」で起動します。
 ※但し、ゼロからコレクションを作成する機能はありませんので、あらかじめKindleで仮のコレクションを作成しておく必要があります。
  なお、編集後はKindleをリスタートしないと、コレクションの内容は反映されません。

| | コメント (1)

ChainLP V0.38-2

ChainLP v0.38-2

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP38b2.zip」をダウンロード

■変更のポイント

ファイルダイアログを開くとエラーになる不具合の修正。
青空文庫の挿絵とルビに関する修正。
PDFの著者をローマ字表記にするKindle対策など。

■ランタイムについて

実行するためには、Microsoft.NET framework 4.0というランタイム・ライブラリが
前もってインストールされている必要があります。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9cfb2d51-5ff4-4491-b0e5-b386f32c0992&displaylang=ja

■使用上の注意
ePubを作成するために、zip32j.dll+zip32.dllを使用しています。
統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ からダウンロードして下さい。
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/zip32j.html

※64bit-OSの場合は、dllのコピー先はC:\System\System32ではなく、
C:\System\SysWOW64になりますので、注意して下さい。
分からない場合はChianLPを解凍したフォルダに置いて下さい。

■履歴

0.38-2 2010/09/15
・ファイル名中の数字の桁数が5桁より大きい場合、並び順がおかしくなる不具合を修正しました。
・ファイルをドラック&ドロップではなく、ファイルダイアログで開こうとしたとき、エラーが発生する不具合を修正しました。
・カラーチェックのアルゴリズムが今ひとつだったので、元に戻しました。
・元画像の解像度(dpi)を引き継ぐようにしました。しかし、あまり意味はないと思います。
・青空文庫で改行なしに長文が続く場合に、挿絵の配置がおかしくなる不具合を修正しました。
・ページ内挿絵を設定しているとき、挿絵が本文と重なってしまう不具合を修正しました。
・外字タグに画像ファイル名が参照されている場合は、画像を文字に置き換えて配置するようにしました。
・字下げが連続しているとき、字下げ数を加算で処理していたのをやめました。
・ルビと親字が一行の文字数を超える場合や、途中に改行などあった場合の補正を追加しました。
・ソースが青空文庫の場合はページ補正が効きませんでしたが、挿絵の場合のみページ補正が効くようにしました。但し、ページ内挿絵の場合は除外されます。
・詳細設定の「読みを文書情報にする」を「タイトル読みを採用」「著者読みを採用」に分離しました。   
※KindleはPDFの著者を表示する機能がありますが、漢字では表示されません。
「著者読みを採用」「自動ローマ字変換」をチェックし、「読み変換」を「Yahoo!日本語形態素解析」に設定することで、
著者を自動的にローマ字読みにして、PDFに設定することができます。

| | コメント (2)

ChainLP V0.38-1

ChainLP v0.38-1

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP38b1.zip」をダウンロード

■変更のポイント

ページを鮮明にするため、シャープネスを追加しました。
マルチコアを有効に使用するため、複数ファイルを同時に処理するようにしました。
変換出力に支障が出る場合は、詳細設定の「多重化カウント」を「1」にすると、複数ページを処理しなくなります。

■ランタイムについて

実行するためには、Microsoft.NET framework 4.0というランタイム・ライブラリが
前もってインストールされている必要があります。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9cfb2d51-5ff4-4491-b0e5-b386f32c0992&displaylang=ja

■使用上の注意
ePubを作成するために、zip32j.dll+zip32.dllを使用しています。
統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ からダウンロードして下さい。
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/zip32j.html

※64bit-OSの場合は、dllのコピー先はC:\System\System32ではなく、
C:\System\SysWOW64になりますので、注意して下さい。
分からない場合はChianLPを解凍したフォルダに置いて下さい。

■履歴

0.38-1 2010/09/03
・マルチコアをさらに有効に使用するために、一度に複数ページを入力処理するようにしました。
 ※同時に処理するページ数はデフォルトで4ページです。詳細設定の「多重化カウント」で変更することが出来ます。問題が生じるなら「1」にして下さい。
 ※出力時とカラーチェックとPDF一括書き出しに使用されます。しかし、HDDの速度がボトルネックになるので、それほど高速にはなりませんでした。
・zlib1.dllを使用するとアプリが不安定になるようなので、完全に使わないようにしました。起動時のZlib1.dllチェックなども削除しました。
・MS-IMEによる読み変換は、WinXP-SP3以降はから機能が削除され意味がないので、項目として選択できないようにしました。
・個別設定のときに挿絵判定を誤る不具合を修正しました。
・色深度に1bitを指定すると落ちる不具合を修正しました。
・複数選択して右クリックでの、挿絵設定や回転、削除などの操作が遅いのを改善しました。
・複数選択して右クリックに「カラーチェック」を追加しました。また、カラーチェックのアルゴリズムを変更して精度を上げました(黄ばんだページがカラーと判断されるのが難点)。
・ページ補正に「単純余白除去」を追加しました。
・シャープネスを追加しました。1~5レベルで強度を設定できます。デフォルト値は3です。

| | コメント (5)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »