« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

Text2ePub v0.10

Text2ePub v0.10

■何をするもの?
テキストや青空文庫形式ファイルを入力して、ePub形式またはMobipocket形式のファイルに変換します。
ま た RSSフィードを巡回取得することもできます。
ePub形式は国際デジタル出版フォーラムにより推奨される標準電子書籍フォーマットです。
Mobipocket 形式は、Mobipocket社の電子書籍フォーマットです。

※本ツールはテキスト形式でのePubやMobiを出力するものです。画像形式でのePubやMobiの出力はChainLPを使用してください。

「Text2ePub10b.zip」をダウンロード

■使用上の注意
ePubを作成するために、zip32j.dll+zip32.dllを使用しています。
統合アーカイバ・プロジェ クトのホームページ からダウンロードして下さい。
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/zip32j.html

※64bit-OSの場合は、dllのコピー先はC:\System\System32ではなく、
C:\System\SysWOW64になりますので、注意して下さい。
分からない場合はText2ePubを解凍したフォルダに置いて下さい。

■変更のポイント

64bitOSでもDLLを呼び出せるように、x86オプションでコンパイルし直しました。

■履歴

0.10 2010/06/27
・x86オプションでコンパイルし直しました。これで64bitOSでもDLLにアクセスできるはずです。

| | コメント (6)

Text2ePub v0.9

Text2ePub v0.9

■何をするもの?
テキストや青空文庫形式ファイルを入力して、ePub形式またはMobipocket形式のファイルに変換します。
また RSSフィードを巡回取得することもできます。
ePub形式は国際デジタル出版フォーラムにより推奨される標準電子書籍フォーマットです。
Mobipocket 形式は、Mobipocket社の電子書籍フォーマットです。

※本ツールはテキスト形式でのePubやMobiを出力するものです。画像形式でのePubやMobiの出力はChainLPを使用してください。

「Text2ePub09b.zip」をダウンロード

■使用上の注意
ePubを作成するために、zip32j.dll+zip32.dllを使用しています。
統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ からダウンロードして下さい。
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/zip32j.html

■変更のポイント

iBooksなどのxhtmlを厳密に解釈するリーダーでエラーが出ないようにBOM(Byte Order Mark)を削除しました。

■履歴

0.09 2010/06/27
・xhtmlにBOM(Byte Order Mark)を付加しないようにしました。
・margin-rightのデフォルトが1emであったのを、0emとしました。
・文字サイズのキーワードを候補から選べるようにしました。
・〔〕(亀甲括弧)の中身の1文字目が英字でない場合は、アクセント分解表記タグとして処理しないようにしました。
 ※これはローカルルールなので、青空文庫のタグとしては正しくありません。

| | コメント (2)

ChainLP V0.37-8

ChainLP v0.37-8

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP037b8.zip」をダウンロード

■変更のポイント

小説の解析時に、本文以外と判断されたページを、自動的に挿絵扱いしていましたが、混乱の原因になるのでデフォルトではオフにするようにしました。
また、挿絵ページだけ余白除去を除外する機能を追加することで、薄いカラー表紙などで画像が欠けなくできるようにしました。

■履歴

0.36-8 2010/06/02
・プロジェクトファイルの読み込みに失敗する不具合を修正しました。
・小説解析において「挿絵」と判断されたページは、挿絵にチェックしたものと同等に処理していましたが、
 デフォルトでは挿絵として自動処理しないようにしました。
 「ページ補正設定-小説解析-挿絵と判断されたページを挿絵として処理する」をチェックした場合は挿絵扱いします。
・「画像設定-挿絵-余白除去しない」を追加しました。チェックすると、挿絵ページの余白除去を除外します。

| | コメント (7)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »