« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

ChainLP V0.37-7

ChainLP v0.37-7

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP037b7.zip」をダウンロード

■変更のポイント

青空文庫テキストを読み込もうとするとエラーとなる不具合を修正しました。また、横書きにすると1文字毎に改行される不具合を修正しました。

■履歴

0.36-7 2010/05/25
・青空文庫テキストを読み込んだときと、自動カラー判定を行ったときにエラーとなる不具合を修正しました。
・青空文庫テキストを横書き設定で読み込んだとき、1文字毎に改行される不具合を修正しました。

| | コメント (3)

ChainLP V0.37-6

ChainLP v0.37-6

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP037b6.zip」をダウンロード

■変更のポイント

PDFの回転設定はPDF内部データのアプリ毎の方言に左右されて、結構取れないことが多いので、個別に回転を設定できるようにしました。
また、PDF内部データを一括書き出す機能に、ページ傾き補正の機能を追加しました。

■履歴

0.37-6 2010/05/22
・ページ単位で90度単位の回転ができるようになりました。右クリックで指定できます。
 PDFのデータ構造にはアプリごとに方言があって難しいので、回転属性が取れない場合に使用して下さい。
・偶数ページ/奇数ページ単位やページ範囲で一括して回転方向を指定できるようにしました。
 編集メニューの「回転」で回転ダイアログが表示されますので、そこで一括指定することができます。
・PDF一括書き出しで、ページ傾き補正を適用できるようになりました。但し、適用すると低速になります。
・ページ補正時のトリミング範囲を制限する「除去リミット」をピクセル単位でも指定できるようにしました。
 但し、この場合のピクセル単位は元画像のピクセルサイズが基準となります。
・BatchLPへファイルをドラッグ&ドロップして変換した際、出力ファイル名の先頭が欠ける不具合を修正しました。

| | コメント (4)

ChainLP V0.37-5

ChainLP v0.37-5

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP037b5.zip」をダウンロード

■変更のポイント

縦方向の偏心補正の計算が間違っていたので修正して、偏心補正の対象を小説本文と、コミック・挿絵に対して別に設定できるようにしました。
また、epubがBOM(Byte Order Mark)付きで出力されていたので、BOMを削って、タグ内容を少し修正しました。

■履歴

0.37-5 2010/05/09
・ePub変換の内部フォーマットを、Calibreと同じ内容になるようにしてみました。
・PDF一括書き出し画面へファイルをドラッグ&ドロップしたときに、出力ボタンが有効にならない不具合を修正しました。
・Mobipocket変換にKindlegen.exeも使用できるようにしました。
・縦方向の偏心率の計算が誤っていたのを修正しました。また偏心率をメッセージ表示するようにしました。0.5で中央です。
・小説本文と、コミック・挿絵とで、偏心補正の有効無効を設定できるようにしました。

| | コメント (3)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »