« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

ChainLP V0.37-4

ChainLP v0.37-4

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP037b4.zip」をダウンロード

■変更のポイント

回転が取れなかったPDFの回転が取れるようになりました。
PDF内部の画像データを一括して取り出す機能が追加になりました。回転も適応されるのでAcrobatの一括書き出しより使いやすいと思います。

■履歴

0.37-4 2010/04/23
・LRF編集を使用するとSonyReaderでタイトルと著者が無効になってしまう不具合を修正しました。
・無効な画像の項目を選択すると、最初に開いていた画像も無効になる不具合を修正しました。
・PDFを開いた後にZIPを開こうとすると、エラーとなってアプリが落ちる不具合を修正しました。
・フォルダに連番ファイル出力すると、中身が出力されないことがある不具合を修正しました。
・古いScansnapでスキャンしたPDFで読めないフォーマットがあったので、読めるように修正しました。
・PDFで回転が取得できないページを、なんとか取れるようにしてみました。
 ※Acrobatで編集すると回転前と回転後の二つの情報がPDF内部に残るようなので、後者を採用するようにしました。
・PDFの内部データを一括して取り出す機能を追加しました。ツールメニューの「PDF一括書き出し」で実行できます。
・項目を複数行選択したあと右クリックで、一括して挿絵か本文かを選択できるようにしました。

| | コメント (2)

ChainLP V0.37-3

ChainLP v0.37-3

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP037b3.zip」をダウンロード

■変更のポイント

PDFファイルを直接開く機能がかなり向上しました。
Scansnapでスキャンしたあと、Acrobat 9 standardで編集したPDFを、おおむね開くことが出来るようになりました。
モノクロページはTiff、カラーページは色深度24bitのJpeg、グレースケールは8bitのJpegとして表示します。

また、Acrobatでページの回転を設定していた場合、その回転を元にページを読み込む機能が追加になっています。
ただ、まだデータ構造がハッキリしていない点が多く、ファイルによっては角度が取れないページがあるようです。
回転に失敗する場合はPDFページ回転のオプションをオフにして、入力の回転で「右→左」か「左→右」を使って下さい。

■履歴

0.37-3 2010/04/17
・PDFを直接アクセスする機能を、さらに向上させてみました。
 ScansnapでスキャンしたデータをAcrobat 9 standardで加工したものについて、おおむね読めるようになりました。
 モノクロページはTiff、カラーページは色深度24bitのJpeg、グレースケールは8bitのJpegとして表示します。
 また、Acrobatでページの挿入などを行っている場合、ページ順序を正しく取得するようにしました。
・Acrobatでページの向きを設定していた場合、その角度データをページに反映させるようにしました。
 但し、まだデータ構造がよく分ってないため、ファイルによっては角度データの取得に失敗するようです。
 ※詳細設定-ファイル入力設定-PDF入力設定-「PDF設定に従ってページを回転させる」
・PDF読み込み時にページの色深度をチェックして、24bitカラーの場合は挿絵にチェックする機能を追加しました。
 ※詳細設定-画像設定-処理オプション-「PDFの場合は色深度から挿絵判定」
・ページ解析で小説優先のときに「挿絵ページ」と判定された場合にWin7(64bit)でなるべく落ちないようにしてみました。
 但し、うちではこの現象は発生していないので、原因不明のまま対処療法となっています。勝手に内部データが解放される?
・LRFヘッダ編集がおかしい点は未修正です。LRFdumpか、0.37より前のChainLPを使用して下さい。

| | コメント (2)

ChainLP V0.37-2

ChainLP v0.37-2

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。
青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこん で、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

 「ChainLP037b2.zip」をダウンロード

■変更のポイント

PDFファイルを直接開けるかどうかチャレンジしてみました。
結果的には読めたり、読めなかったり、微妙な出来なので、読めたらラッキー程度に考えて、ダメな場合はAcrobatで画像書き出しして使用してください。

Scansnapでフルカラーもしくはグレースケールでスキャンした、無編集のPDFは概ね開けます。但し、モノクロ設定のページは開けません。

また、PDFを真面目に解析していないので、Acrobatでページの編集を行っていた場合は反映されず、ページの順序がおかしくなります。
内部構造が複雑なPDFの場合は、ChainLP上ページリストが表示されたとしても、リストをクリックするとエラーとなって表示されない場合が多々ありますので、ご注意下さい。

■履歴

0.37-2 2010/04/07
・PDFを直接アクセスして、表示できたらラッキー程度にしてみました。
 読めるのはJpeg形式で、PDFの内部オブジェクトがあまり階層化されていないものだけです。ページ順も無視されます。
 Scansnapでフルカラーかグレースケール設定でスキャンしたものは概ね表示できます。モノクロ設定のページは表示できません。

| | コメント (1)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »