« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

Text2ePub v0.6

Text2ePub v0.6

■何をするもの?
テキストや青空文庫形式ファイルを入力して、ePub形式またはMobipocket形式のファイルに変換します。
またRSSフィードを巡回取得することもできます。
ePub形式は国際デジタル出版フォーラムにより推奨される標準電子書籍フォーマットです。
Mobipocket形式は、Mobipocket社の電子書籍フォーマットです。

 「Text2ePub06b.zip」をダウンロード

■変更のポイント

Mobigen.exeを介することでMobipocket形式に変換する機能がつきました。
Mobipocket形式はKindleが採用していますので、テキスト形式で軽いデータになります。
但し、Kindleは日本語表示に対応していないので、Unicode fonts hackの適用が必須です。当て方はググってください。保障もしません。

■履歴

0.06 2009/08/27
・mobigen.exeを介することで、Mobipocket形式に変換できるようにしました。
 ※mobigen.exeは付属しませんので、別途入手してください。
 http://www.mobipocket.com/dev/

| | コメント (0)

ChainLP V0.30

ChainLP v0.30

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズして、画像だけのLRF、PDFまたは連番ファイルを作成します。
また、青空文庫形式のテキストファイルをソースとして入力することもできます

 「ChainLP030b.zip」をダウンロード

■変更のポイント

PDFファイルをpdfimages.exe(XPDF)を介して解凍することで、画像形式PDFを間接的に入力できるようになりました。なお、直接入力はできませんので、一度フォルダに解凍することになりますので、PDFTEMPにゴミが発生してゆきます。ときどき手作業で削除してください。

モノクロ2値のPDFでは画像サイズが大きすぎるため、自動縮小するオプションが備わっています。またモードによっては白黒が反転しますので、オプションで調整してください。

但し、XPDFは付属しませんので、別途入手してpdfimages.exeをChainLP.exeがあるフォルダにコピーしておく必要があります。
以下のサイトから、xpdf-3.02pl3-win32.zipを入手してください。
http://www.foolabs.com/xpdf/download.html

■履歴

0.30 2009/08/25
・画像ののみのPDFを、Pdfimages.exe(XPDF)を介してJpeg,PPM,PGM,PBMに解凍し、読み込みできるようにしました。
 ※PDFを直接開くのではなく、一度フォルダ化して開きます。なお、XPDFは付属しませんので、別途入手してください。
・PBM(Portable bitmap)を入力できるようにしました。但し、バイナリ形式のみ読み込み可能です。
 ※メモリ不足を防止するため、PBMにサイズ制限を設けリサイズして読み込みます。またソースによっては白黒反転するオプションを使用して下さい。
・PGM(Portable Gray Map)を入力できるようにしました。但し、バイナリ形式で8bit色のみ読み込み可能です。
・PPM(Portable Pixel Map)を入力できるようにしました。但し、バイナリ形式で24bit色のみ読み込み可能です。

| | コメント (0)

ChainLP V0.29

ChainLP v0.29

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズして、画像だけのLRF、PDFまたは連番ファイルを作成します。
また、青空文庫形式のテキストファイルをソースとして入力することもできます

 「ChainLP029b.zip」をダウンロード

■変更のポイント

2ページにまとめた時、先頭に空白ページを挿入する機能を追加しました。
またボールド化するときに縦方向にも濃くできるようにしました。

■履歴

0.29 2009/08/20
・2個1のときに先頭に空白ページを配置する機能を追加しました。
・ボールド化でX方向だけでなくY方向にも拡張する機能を追加しました。
・ページ補正の「小説優先」または「小説のみ」で挿絵として判定されたページはボールド化を行わないオプションを追加しました。
 ※ページ補正設定の「挿絵をボールド除外」、デフォルトでチェックされています。
・青空文庫の挿絵前改ページで、丁度改ページ直後に発生すると空白ページが生じてしまう不具合を修正しました。

| | コメント (0)

ChainLP V0.28

ChainLP v0.28

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズして、画像だけのLRF、PDFまたは連番ファイルを作成します。
また、青空文庫形式のテキストファイルをソースとして入力することもできます

 「ChainLP028b.zip」をダウンロード

■変更のポイント

2ページを1ページにまとめて見開きページを作る機能を追加しました。
そろそろ発売されだした大きめの電子書籍端末で使うと、画面を効率的に使えるんではないかと思います。
縦長の画面を疑似的に横長に使うため、横倒しで配置する機能もついています。なお、プレビューでは見開き合成を確認できませんので、少ないページで一度出力してオプションを確かめてください。

■履歴

0.28 2009/08/18
・出力時に見開きに2ページ配置する2個1という機能を追加しました。
 ※2個1を指定してもプレビュー時では見開きとなって表示されず、半分だけ表示されます。出力時に合成されます。
・青空文庫の挿絵を検出したとき、直前で改ページしてから挿絵配置するオプションを追加しました。
・青空文庫ファイルをダウンロードする際のバッファを大きくしました。

| | コメント (0)

Text2ePub v0.5

Text2ePub v0.5

■何をするもの?
テキストや青空文庫形式ファイルを入力して、ePub形式のファイルに変換します。
またRSSフィードを巡回して、ePub形式に変換することもできます。
ePub形式は国際デジタル出版フォーラムにより推奨される標準電子書籍フォーマットです。

 「Text2ePub05b.zip」をダウンロード

■変更のポイント

RSS巡回機能を大幅に刷新して、リンク先からも記事を抽出できるようになりました。設定が若干ややこしいので、付属テキストを読んでください。

サンプルとして、適当なRSSを登録したrss.iniを以下に用意しました。
記事の開始と終了のサンプルにしてください。
なお、このrss.iniのフォーマットは今後変わりますので、以降のバージョンでは使えない可能性があるので注意してください。

「RSS.ini」をダウンロード

■履歴

0.05 2009/08/08
・RSS巡回機能を大幅に刷新しました。
・htmlも登録して記事を抽出できるようにしました。
・RSSフィードのlinkタグに定義されたhtmlの記事に対してアクセスする機能を追加しました。
・html中の広告を除去するため、記事の開始と終了を検出する機能を追加しました。(単語の一致を検出する単純な機能です)
・画像への直接アクセスを許さないサイトのために、サイト単位に画像読み込みをon/offできるようにしました。
・記事毎に改ページするかどうか設定できるようにしました。
・リストを右クリックしてから「保存」または「開く」で一つのサイトだけを巡回する機能をつけました。
・ノーブレークスペース(NBSP)があるとSonyReaderで表示が乱れる現象が見つけたため、暫定的に全角スペースに変換するようにしました。

| | コメント (0)

Text2ePub v0.4

Text2ePub v0.4

■何をするもの?
テキストや青空文庫形式のファイルを入力して、ePub形式のファイルに変換します。RSSを受信してePub形式に変換する機能も有しています。
ePub形式は、国際デジタル出版フォーラムにより推奨される標準電子書籍フォーマットです。

「Text2ePub04b.zip」をダウンロード

■変更のポイント

RSSフィードをダウンロードしてePub形式に変換する機能が付きました。
青空文庫の注記タグの表記ブレにかなり対応しました。
青空文庫ではないテキストの入力にも対応しました。

■履歴

0.04 2009/08/04
・RSSをダウンロードしてePubに変換する機能を追加しました。
・Ctrlキーを押しながら「開く」ボタンにカーソルをかざすと「URL」に変わり、RSSを直接入力できるようにしました。
・ファイルのドラッグ&ドロップに対応しました。
・青空文庫の注記タグを処理するかどうか設定できるようにしました。
・挿絵の後に改ページするかどうか設定できるようにしました。
・テキストを入力したとき変換ボタンが有効にならない不具合を修正しました。
・文字サイズの表記ブレ(大文字や、n回り大きな文字、n段階大きな活字)に対応しました。
・字上げ、字下げの表記ブレ(ここより、ここから、地より、地から、地上げ、字上がり、字あき)に対応しました。
・ローマ数字の表記ブレに対応しました。
・疑問感嘆符、感嘆疑問符、感嘆符三つ、感嘆符二つ、二分ダーシなどを表示できるようにしました。
・歌記号を音符マーク"♪"で表示するようにしました。
・二重パーレンを半角括弧2文字"(("で表示するようにしました。
・二の字点、ゆすり点を繰り返し記号"々"で表示するようにしました。
・小書きに対応しました。
・変体仮名は、現代仮名遣いに置き換えるようにしました。
・太字、イタリック、アンダーラインのタグ閉じ忘れを修正しました。但し、SonyReaderでは表示解釈されないようです。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »