« ChainLP V0.19 | トップページ | ChainLP V0.21 »

ChainLP v0.20

ChainLP v0.20

■何をするもの?
連番画像を指定サイズにリサイズして、画像だけのLRF、PDFまたは連番ファイルを作成します。
また、青空文庫形式のテキストファイルをソースとして入力することもできます

 「ChainLP020b.zip」をダウンロード

■変更のポイント

バッチ実行を連続的に実行できるようにしました。
また、LRFファイルを作成してしまった後、書名と著者が間違っていたとき、修正できる機能を追加しました。

■履歴

0.20 2008/12/20
・書名と著者からルビを除去するようにしました。
・ルビ中の踊り字「/\」と「/″\」を縦長の「く」「ぐ」に変換して表示するようにしました。
・二の字点は本来U+303Bですが、サポートしているフォントが少ないため「々」で表示するようにしました。
・ぶら下げ禁則処理が間違っていたのを修正しました。
・字上げする際、文の衝突を回避するため先に改行するようにしました。
・不明外字のコメントが複数あったとき、なるべく重ならないようにしました。
・外字は縦書き属性なしで描画していましたが、フォントによってはズレるため、縦書き属性で描画するようにしました。そうすると記号が横倒しになる可能性があるため、タグ名に「記号」「数字」「ギリシャ」「ローマ」が含まれてるときのみ横書きとしました。
・コマンドプロンプトに-GUIオプションを追加し、-GUIを指定したときはバッチウィンドウが表示されるようにしました。-bと-prjのときに有効です。
・バッチ連続実行用のBatchLPというアプリを追加しました。ChainLPでバッチ指定したときに自動実行されます。
・LRFファイルの書名と著者を編集する機能を追加しました。ツールメニューのLRFヘッダ編集から使用してください。但し、まだサムネイルを変更する機能はありません。

|

« ChainLP V0.19 | トップページ | ChainLP V0.21 »

ChainLP」カテゴリの記事

ツール」カテゴリの記事

コメント

いつも使わせて頂いています。
益々発展して行くChainLPを見るのは大きい楽しみです。しかし、V0.15以後のVersionでは以前では自動で出来ていた両面スキャンを一枚ずつ分ける機能が抜けていますね。次のバージョンアップでは反映できるよう希望してみます。

どうもありがとうございます。

投稿: BLee | 2008年12月23日 (火) 04時59分

BLeeさん、両面スキャンを一枚ずつ分ける機能というのが、「半分個」のことなら、V0.20で動作していますよ。

投稿: | 2008年12月23日 (火) 17時54分

kakuninnsimasita. doumoarigatou
gozaimasu.

投稿: BLee | 2008年12月25日 (木) 07時22分

いつもありがたく使わせていただいています.おかげさまでワーズギアを使用頻度が再びあがるようになりました.
スキャンした文書をPDFにまとめるのにこれほどよく考えられたツールは,私は初めてみました.このようなものを公開いただきありがとうござます.

使っていての気が付きですが,PDFがA4サイズ用紙指定で出力されているようですね.この設定固定だと非定型の文書のPDF化の時に,大きな余白をPDF化してしまうようです.できれば,用紙サイズ指定でないPDF化にも対応いただけるとよりブックリーダの狭い画面を有効に活用できるようになると思いますので是非とも,今後の対応を希望いたします.

今後もともよろしくお願いいたします.

投稿: Zip | 2009年1月 1日 (木) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ChainLP V0.19 | トップページ | ChainLP V0.21 »