« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

MeTilTran V0.6β

・複合形式での出力時、カラーページが認識されない問題を修正しました。
・再配置の途中で挿絵があると再配置データが一部消えるバグを修正しました。
・再配置途中の挿絵を配置する際、強制改ページせず遅延配置する機能を追加しました。[挿絵遅延配置]
・挿絵が2回連続する際、これを連結して見開きとして配置する機能を追加しました。[挿絵遅延時見開き結合]
・出力の際、文字サイズを縮小して配置する機能を追加しました。

「MeTilTran06b.zip」をダウンロード

●文字サイズについて
「文字サイズ」とありますが実際には、画像を大き目に再配置してから縮小するというのを自動でやっています。
以前と違って、出力幅と出力高さに最終イメージサイズを設定すれば良いので楽になりました。

●挿絵遅延について
元の本の挿絵はページの変わり目にあり、一つ前のページには、文章が途切れているのが普通です。
これをそのまま再配置すると、ページ構成が変わるため、文章の途切れがページの真ん中などになって目だってしまいます。
挿絵遅延を設定することで、元の挿絵の位置を無視して、ページが一つ完成した後に挿絵ページを持ってくることができます。

Metil3

| | コメント (0)

縦書テキスト画像化実験β1

■何をするもの?

テキストファイル(シフトJIS)を入力して、縦書きの画像ファイルを出力します。
このとき、一部の青空文庫タグを認識して文字を修飾します。
なお、PDF出力をサポートしますが、このPDFは画像埋め込みPDFとなります。

出力画像には、アンチエイリアスが掛かり、挿絵も配置されます。
テキストビュアーが付いていない携帯端末に使うと便利だと思います。
個人的に学習のため試作してみましたが、
案外ニーズがありそうなので良かったら使ってみてください。

「DrawTate1b.zip」をダウンロード

Drawtate1b

| | コメント (1)

eTilTran V0.9β

・「傾き線採用」に「右垂直線優先」と「左垂直線優先」を追加しました。
・「自動領域補正」に自動でトリミング設定を行う機能を復活させました。
・「自動領域補正」にテクスト領域をページ領域に拡大して合わせる機能を追加しました。
・「原稿外枠識別」で背景色を黒に設定しなくても動作するようにしました。
・一括補正に「再認識」を追加しました。設定角度で有効領域を再スキャンする機能です。
・1ページだけ変換する機能を追加しました。[編集]メニューにあります。

「eTilTran09b.zip」をダウンロード

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »