« コミック傾き補正ビューア V03-01b | トップページ | ChainPDF V0.1β »

コミック傾き補正ビューア V04b

傾き補正を行うとき、のど(本の折り目)の垂直線を取得する設定が追加になりました。
このため、連番ファイル名から奇数/偶数ページを判定しています。
但し、人によっては奇数/偶数の順序が逆になるかも知れませんので、
その場合は、[傾き線のど垂直基準]で基準方向を反転してください。

それ以外に、ツールバーの追加や、
トリミングのサイズを指定サイズに強制する機能、
再スキャン機能など、色々と修正が加わっています。

・TIFFの文字列がAと表示されるバグを修正
・パラメタ設定のうちでプレビュー関係の設定を「オプション」に分離した
・前回使った出力フォルダを記録するようにした
・出力フォルダと入力フォルダの位置を記録し、フォルダダイアログの初期位置とした
・メニューに再スキャンを追加した
・ツールバーを追加して、よく使いそうなコマンドを登録した
・プレスキャンや変換の処理をESCキーでもキャンセルできるようにした
・内部演算プレビューをESCキーでも閉じられるようにした
・トリム強制オプションで、トリムミングのサイズを指定できるようにした(従来は画像サイズの平均)
・「傾き線採用」設定に「のど垂直線優先」を追加し、のど近くの垂直線で傾き補正できるようになった
なお、垂直線の取り出し位置は「傾き線のど垂直基準」と「傾き線のど垂直基準原稿幅」で設定
・原稿の奇数ページ偶数ページをファイル名から判断するようにした(のど垂直線優先に使用)
但し、枝番付き(P001_01.jpgなど)の場合、枝番(この場合01)の方を抽出してしまうので注意(P001a.jpgなどはOK)
・原稿の奇数ページ偶数ページの区別のため、ファイル名を赤色青色表示するようにした

「ComicTiltViewer04b.zip」をダウンロード

|

« コミック傾き補正ビューア V03-01b | トップページ | ChainPDF V0.1β »

ツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コミック傾き補正ビューア V03-01b | トップページ | ChainPDF V0.1β »